全身脱毛サロンのキャンペーンを狙う

zenshin-cam

脱毛はどの部位が一番痛いのでしょうか。よく言われるのが、デリケートゾーンです。VラインやIラインなどは、痛みが非常に強いと言われています。VラインやIラインは、比較的他の部位と比べて痛みが強い部位で、これらの部分は脱毛時の痛さを非常に感じやすくなっています。

肌が刺激に敏感ということもあります。どのくらいの痛みのレベルなのかは、個人差があるので、実際に体験してみないとわかりません。脱毛する際、一番痛い部位と言われているのが、お尻です。お尻は脂肪が沢山付いているので、あまり痛みを感じないと思っている人も少なくありません。

しかし、お尻は普段、刺激を受けることが少ないので、脱毛する際、かなりチクチクとした痛みがあります。そのため、他の部位に比べると痛みを感じやすい部位なのです。日頃刺激が無い分、お尻は、照射した際、痛みを感じやすいです。慣れていない刺激なので、特に痛みを強く感じます。

デリケートゾーンでVラインやIラインもかなり痛みが強いですが、Oラインの脱毛もかなり痛い部位です。Oラインは、粘膜が多く、体の中でも色素の濃い部分なので、光を照射した際、痛みを強く感じます。

色々なホームページや口コミを見ても銀座カラーを押しているサイトもあれば、キレイモを押しているサイトを見かけます。そのため、いったいどっちを選んだらいいのかわかりにくいですよね?そこで、当サイトでは脱毛サロン選びで気になる、銀座カラーとキレイモの5つのポイントを比較してみました!

引用:【銀座カラーVSキレイモ徹底比較】料金、効果、予約など全身脱毛に関する5つのポイントを比較

 

「流行りのVIO脱毛をやって貰いたいとは思うけれど…。

最近では、脱毛する人が多くなり、ブームとまで言われています。脱毛するのは今やマナーの1つで、脱毛していない女性は時代の波に乗り遅れているとも言えます。

そのくらい脱毛は定着しつつありますが、脱毛の際には注意すべきことがあります。

それはいきなり本契約しないことです。脱毛はそれなりにお金がかかります。脱毛サロンによっては、自分の肌に合わないこともあります。また、相性もあるのでそれを事前に確かめる必要があります。

そのためには、脱毛のお試し体験を受けてから契約するのが一番です。今では、低料金で脱毛できるサロンはたくさんありますが、それぞれの脱毛サロンで脱毛方法が異なり、脱毛料金も違います。

また、スタッフの接客態度も違います。それぞれの脱毛サロンで中身が違うので、いきなり脱毛サロンの契約をするのは危険です。まずは脱毛のお試し体験を受けてから契約をするというのが賢明です。

各脱毛サロンで使っている脱毛器が違うということは、脱毛結果も違うということです。一番良いのは、複数の脱毛サロンで脱毛のお試し体験をすることです。

そうすると、それぞれの脱毛サロンの良さがわかります。脱毛のお試し体験を受けてから契約をしましょう。

脱毛クリームで脱毛はできませんよ

脱毛は色々な方法がありますよね。自分で処理するなら毛抜き、カミソリ、脱毛クリーム、家庭用脱毛器など。脱毛サロンや脱毛クリニックではフラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛が利用できます。脱毛は簡単そうに見えて実はとても難しいのです。

自己処理をする方も多いと思いますが、自己処理を続けていくと肌へのストレスはとても大きくなってしまいます。また、うまく処理しきれなかった毛が毛穴の中で丸まってしまう埋没毛になることも多いです。

その為、綺麗に脱毛したいのであればやはりプロの施術を受けることをおすすめします。また、脱毛サロンにも色々な施術方法がありますね。一番メジャーなフラッシュ脱毛であれば失敗のリスクは低いです。

レーザー脱毛とニードル脱毛は医療行為になりますので信頼と実績のあるクリニックを利用することで安心して施術を受けることが出来るでしょう。脱毛で失敗しない為には、脱毛部分に合わせた脱毛方法を選ぶことが大切です。

サロンやクリニックでは担当の施術士としっかりカウンセリングをして納得のいく施術を受けるようにしましょう。

脱毛すること自体が全く未経験だと言う方に是非おすすめしたい

脱毛の痛みには個人差があります。これにはいろいろな理由があるのです。まずは、個人の痛みの感じ方です。人によって敏感な人、痛みに強い人などがあります。同じ強さの痛みを与えても、痛いと感じる人もいれば何も感じない人や、我慢できる程度の痛みだととらえる人もいるでしょう。

そのため、全く同じ施術を行っても凄く痛いと感じる人もいればほとんど痛みを感じない人もいるのです。次に、脱毛部位や毛の太さです。人によって毛の太さや量が違います。

脱毛の施術は毛が太ければ太い程痛みを感じやすいので、毛の太さによって痛みも変わってきます。また、毛の量が多ければ多い程照射する時間も長くなるので、痛みを感じやすくなってしまうでしょう。

これは人の毛質にもよりますが、もちろん脱毛部位によっても違います。最後に脱毛回数です。脱毛は、回数を重ねるごとにどんどん毛が薄くなっていきます。そのため、痛みも感じにくくなっていくのです。毛が細い状態になると、痛みが強いといわれている脇やハイジニーナの脱毛でもほとんど痛みを感じなくなるでしょう。

気にかかるムダ毛を無理やり抜くのはまずい

脱毛器は家庭で施術する分、脱毛サロンなどに比べれば効果は落ちそうなものです。実際脱毛サロンに比べて脱毛器の脱毛効果は低いと言われていますが、これは使い方にもよるだろうと思います。つまり、脱毛器は「正しく使えば脱毛効果が確実に得られる」ものなのです。

これ自体は、脱毛サロンのWebサイトでどのような器具を利用しているかを見ればわかります。脱毛サロンで利用されている脱毛器が採用している脱毛方式としては、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛が一般的です。それでは脱毛器はどうかというと、脱毛器においてもフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を採用しているものがほとんどです。

ここから分かる通り、脱毛サロンでも家庭用の脱毛器と同じようなものを使っている訳です。ただ脱毛サロンのほうが業務用で出力を高めに出来るものを使っているというだけで、根本的な仕組みはどこも変わりません。ただ道具的な面ではほとんど同じでも、使い方と出力の面では脱毛サロンのほうが優れていますから、これが脱毛サロンと脱毛器の効果の違いを生み出しているわけです。

ですから脱毛器は、正しく使えば十分な脱毛効果を得られます!

脱毛器を使っても効果が出ない!という方は、本当に正しい使い方をしているかを確かめてみてはいかがでしょうか。